第88回選抜高校野球大会出場が決まった敦賀気比(上)と福井工大福井(下)=2015年10月18日、富山市民球場

 第88回選抜高校野球大会(3月20日から12日間・阪神甲子園球場)の選考委員会は29日、大阪市内で開かれ、福井県の敦賀気比、福井工大福井が北信越代表として選出された。

 福井県からの2校出場は1989年の北陸と福井商業、2013年の春江工業と敦賀気比に続いて3度目。前回大会王者の敦賀気比は4季連続の甲子園で、春は2年連続7度目。春夏通算14度目。福井工大福井は12年ぶり4度目の春出場で、春夏通算は11度目。

 敦賀気比は、過去2校しか達成していない「春連覇」の挑戦権も得た。長身エース山崎颯一郎投手を軸に、投打で他チームを圧倒。県大会、北信越大会で優勝し、続く明治神宮大会でも16年ぶりに準優勝を飾り、選抜出場をほぼ確実にしていた。

 福井工大福井はエース田中嵐士投手の粘り強い投球と勝負強い打撃が光り、県大会、北信越ともに準優勝だった。

 選考委員会では、一般選考28校と21世紀枠3校、明治神宮枠1校の計32校を選出。組み合わせ抽選会は3月11日、大阪市内で開かれる。

 【第88回選抜高校野球大会出場校】

 札幌第一/青森山田/八戸学院光星/木更津総合/常総学院/桐生第一/東海大甲府/花咲徳栄/関東第一/東邦/いなべ総合/敦賀気比/福井工大福井/大阪桐蔭/滋賀学園/龍谷大平安/明石商業/智弁学園/市立和歌山/創志学園/南陽工業/開星/高松商業/明徳義塾/土佐/秀岳館/海星/鹿児島実業/日南学園/釜石/小豆島/長田

関連記事
あわせて読みたい