歩道に積もった雪を除雪する人たち=25日午前8時ごろ、福井市大手3丁目

 福井県地方は今冬一番の非常に強い寒気の影響で、24日夜遅くから25日朝にかけ各地でまとまった雪となった。福井市では一晩で27センチの降雪があった。

 福井地方気象台によると、25日午前9時現在の積雪は福井市40センチ、越前市武生28センチ、大野市54センチ、同市九頭竜86センチ、南越前町今庄24センチ、敦賀市17センチ、小浜市9センチ。

 寒気のピークは過ぎたが嶺北は日中、嶺南は夜まで雪が降りやすい天気が続く。26日にかけて次第に寒気は緩む見込み。

 冷え込みも厳しく、25日の午前9時現在までの最低気温は、県内8観測地点で今季最も低くなった。坂井市春江では午前6時57分に観測史上最低の氷点下6・9度を記録。美浜町では1月の観測史上最低の同5・3度を観測した。

 嶺北地方に出されていた大雪警報は同日午前5時33分に注意報に切り替えられた。

 26日午前6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い所で奥越25センチ、嶺北と嶺南の山地20センチ、嶺北と嶺南の平地15センチ。

関連記事
あわせて読みたい