冷水をかぶって健康などを祈願する参加者=24日、福井市の足羽神社

 福井県地方は24日、今冬一番の非常に強い寒気が入り込み、気温は県内の10観測地点すべてで氷点下を記録した。夜までに9地点で最低気温が今季最も低くなるなど、この冬一番の冷え込みとなった。嶺北を中心に断続的に雪が降った。

 同日午後7時までに今季最低気温を記録したのは、坂井市三国の氷点下3・1度、同市春江の同3・7度、福井市の同3・3度、同市越廼の同3・6度、勝山市の同4・7度、南越前町今庄の同2・9度、敦賀市の同1・4度、美浜町の同2・0度、小浜市の同2・3度。

 朝から時折ふぶいた福井市では、足羽神社で寒中みそぎが行われた。参加した県内外の101人は、いてつく空気の中、白い息を吐きながら冷水を浴び、心身を清めた。

 男性は白いふんどし、女性は白装束姿になり、一斉に手おけで冷水をザブリ。男性は「うおー」と叫びながら水をかぶり、体を真っ赤にしていた。坂井市の伊東梨絵さん(37)は「とても寒かったけど、すがすがしい気持ちになりました」と晴れやかな表情だった。

関連記事
あわせて読みたい