強風や降雪の影響で、20日のJR特急や東海道新幹線のダイヤが乱れている。小松空港発着の航空便にも欠航が発生している。

 JR西日本によると午後0時40分現在、特急しらさぎに最大40分、サンダーバードに最大15分の遅れが発生している。北陸線は始発から平常通り運行。小浜線は午前中乱れたが、平常に戻った。

 JR東海によると正午現在、東海道新幹線は最大1時間遅れて運行している。三河安城—新大阪駅間で雪のため、速度を落として運転している。北陸新幹線は平常運行。

 北陸自動車道は午後0時半現在、加賀IC—木之本IC間でチェーン規制。舞鶴若狭自動車道は敦賀JCT—小浜IC間でチェーン規制、小浜IC—丹南篠山口IC間で雪用タイヤ規制が敷かれている。

 国道305号は高波のため、越前町から南越前町にかけての一部区間で通行止め。

 高速バスは、福井発着の名古屋線9便が運休。小松空港と羽田・成田空港を結ぶ空の便は2便が欠航した。

関連記事
あわせて読みたい