雪が降る中を登校する児童=19日午前、福井市木田1丁目

 強い冬型の気圧配置となった影響で、福井県内は19日、雪や強風に見舞われ、JRのダイヤが乱れるなどした。福井地方気象台では20日にかけて暴風雪や高波、大雪への警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、県内での同日午前11時現在の積雪は福井市11センチ、大野市8センチ、同市九頭竜23センチ。20日午前6時までに予想される24時間降雪量は多い所で奥越100センチ、嶺北南部の山地70センチ、同北部の山地60センチ、嶺南東部の山地50センチ、嶺北北部・南部の平地40センチ、嶺南東部の平地と嶺南西部の山地30センチ、嶺南西部の平地20センチとなっている。20日にかけての最大風速は陸上17メートル(最大瞬間風速30メートル)、海上25メートル(同35メートル)で、波の高さは8メートルとなる見込み。

 JR北陸線は19日、石川県内の強風のため、福井—金沢間の特急が終日運休。普通も芦原温泉—松任間が運転を見合わせている。大阪、米原・名古屋方面の特急も通常より間引いての運行本数となっている。

関連記事
あわせて読みたい