福井県地方は、19日から21日ごろにかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みで、福井地方気象台は18日、「暴風雪と高波及び大雪に関する福井県気象情報」を発表して警戒を呼び掛けている。

 発表によると、三陸沖にある低気圧が急速に発達しながら北海道の東海上に進むと予想。日本付近は19日から21日頃にかけて強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置が続く。

 このため、県内では19日明け方から嶺北を中心に大雪となる所があるという。19日午後6時までに予想される24時間降雪量は次のとおり。

 嶺北北部 平地 40センチ、山地 60センチ
 嶺北南部 平地 40センチ、山地 60センチ
 奥越     100センチ
 嶺南東部 平地 25センチ、山地 50センチ
 嶺南西部 平地 10センチ、山地 30センチ

 その後も降雪は続き、19日午後6時から20日午後6時までの24時間に予想される24時間降雪量は多い所で、80〜100センチの見込み。

 海上では、19日昼過ぎから西の風が非常に強く吹き、予想される最大風速(最大瞬間風速)は、陸上で17メートル(30メートル)、海上で25メートル(35メートル)の見込み。

関連記事
あわせて読みたい