JR福井駅西口広場から東口広場に一時移設された恐竜モニュメント2体=15日

 JR福井駅西口広場の工事に伴い、恐竜モニュメントの撤去、移設作業が14〜15日にかけて行われた。3体のうち2体は東口広場に引っ越し。1体は倉庫に移され、3月までの“冬眠”に入った。

 モニュメントの撤去は14日午後9時ごろに始まった。小柄なフクイラプトル、フクイサウルスをクレーンでつり上げ、トラックで東口ロータリーの中央にある広場に移した。大柄なフクイティタンは分解し、倉庫に保管した。

 東口広場に移された2体は、至近距離でにらみ合い。肉食のラプトルと草食のサウルスの、生死を懸けた戦いの幕開けを表現している。

 3月には3体そろって元の西口広場に戻り、新たに追加される足跡化石のレプリカとともに観光客を出迎える。

関連記事
あわせて読みたい