JR福井駅西口広場の工事に伴う恐竜モニュメントの移設作業=7日午前11時ごろ、福井市中央1丁目(福井県提供)

 JR福井駅西口広場の工事に伴い、恐竜モニュメントを東口広場に仮置きするための作業が進められている。周囲に飾られていた人工芝などの取り外しは終えており、3体のうちフクイラプトルとフクイサウルスの2体を14日夜から15日朝にかけて移設する。

 作業は6日に始まり、あとは恐竜モニュメントの引っ越しを残すだけとなっている。県交通まちづくり課によると、14日午後10時ごろか同11時ごろ、クレーンを使って小柄なフクイラプトルとフクイサウルスの移設に取り掛かり、東口広場の短時間駐車場とタクシー待機場の間にあるスペースに15日朝までに設置する。その後、周囲に人工芝などを取り付け、午後3時ごろの完了を予定している。

 大柄なフクイティタンは、首や胴体など四つに分けて、倉庫に保管する。

 3月には3体そろって元の西口広場に戻し、足跡化石のレプリカを追加して、観光スポットとして充実させる。

関連記事
あわせて読みたい