韓国の民間団体などが、日本は多くの朝鮮人女性を旧日本軍の「性奴隷」にした過去の国家犯罪を認めようとしないとして、抗議の意思表示のため設置した像。被害を受けた元慰安婦の女性を象徴している。2011年12月にソウルの日本大使館前に設置されたのが最初で、高さ約1・2メートル。少女がいすに座り大使館を見詰める。韓国の元慰安婦支援団体によると、少女像は韓国内の別の場所や米国などにも設置され、昨年末の日韓合意に反発する団体側は増設する運動を展開するとしている。

関連記事
あわせて読みたい