一乗滝で寒げいこに励む道場生=3日、福井市浄教寺町

 福井県地方は3日、緩やかに高気圧に覆われ、最高気温は美浜町16・8度、小浜市16・3度、敦賀市16・1度、坂井市三国町15・6度などを記録。福井県内各地で3月下旬〜4月中旬並みの気温となり、正月三が日の締めくくりも穏やかな陽気に包まれた。

 最高気温14・8度となった福井市では、空手の極真会館高橋道場が一乗滝で新春恒例の寒げいこに励んだ。中学生から70代までの道場生約70人がはだしで滝つぼに入り、上半身裸で「エイッ、エイッ」と正拳突きを繰り出し、1年間の精進を誓った。

 “水ぬるむ”とはいかないまでも、初げいこに付き物の雪も今年はなく、若い道場生たちはどこか物足りなさそうな表情。気合に任せて自ら滝の真下に近づいたり、終わりの合図の後も水に漬かったまま組み手を交わしたりしていた。寒げいこ初体験の横井莉樹さん(32)=坂井市=は「気持ちよかった。今年は大会で優勝したい」と元気よく話していた。

 福井地方気象台によると、高気圧の影響で雲が少なく日照時間が長かったため、各地で気温が上がった。4日も好天が続く見込み。

関連記事
あわせて読みたい