来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、青山学院大は、前回総合優勝の立役者となった主将の神野大地を2大会連続で山上りの5区に起用した。前回と同様に一色恭志は2区、小椋裕介は7区に置いた。

 福井県勢では、関東学生連合の主将で創価大の山口修平(4年、鯖江高出身)が1区、東海大の石橋安孝(3年、美方高出身)が4区、駒大の紺野凌矢(2年、鯖江高出身)が5区に区間登録された。

 全日本大学駅伝を初制覇し、2大会ぶりの頂点を目指す東洋大は主将の服部勇馬に3大会連続で2区を託し、3年の弟弾馬は補欠に回した。

 前回2位の駒大はユニバーシアード1万メートルで3位に入ったエース中谷圭佑を3区、2区には工藤有生を配置した。

 補欠との入れ替えは2日間で合計4人まで認められている。

関連記事
あわせて読みたい