オリックスの入団記者会見で意気込みを語る吉田正尚外野手=20日、大阪市

 オリックスは20日、大阪市内のホテルで新人12選手の入団発表会見を行った。大学日本代表の4番を打った福井県の敦賀気比高出身のドラフト1位、吉田正尚外野手(青山学院大)は「1年目から1軍で活躍し、チームを日本一に導けるよう頑張る。(10年後は)日の丸を背負えるような選手になりたい」と強い決意を語った。

 ユニホーム姿で会見に臨んだ吉田選手は「バッティングを評価してもらった。キャンプからアピールしていきたい」と意欲。対戦してみたい投手に日ハム大谷を挙げ「160キロを打席に立って体感したい。打ち返せたら」と闘志を燃やした。

 ドラフト5位の右腕吉田凌投手(東海大相模高)とともに入団し、チームは吉田姓の選手が4人に。愛称を問われた吉田は「大学時代は『マサ』と呼ばれていた。そう呼んもらえたら」と相好を崩し「プロ野球の世界で長くやっていくことが目標。将来的には一社会人として社会貢献できれば」と先を見据えた。

関連記事
あわせて読みたい