第58回全日本フェンシング選手権第2日は16日、神戸市立中央体育館で行われ、団体女子エペで福井クラブが県勢初の準優勝を果たした。

 福井クはいずれも武生商高出身で元ユニバーシアード代表の加藤智江(26)、元ナショナルメンバーの中川規子(24)、ワールドカップ(W杯)出場の梅田弘子(22)という強力布陣で挑んだ。

 決勝は同校出身の中野希望がいる全日本学生制覇の日体大と対戦。一時は26—25とリードしたが、その後追い上げられ41—45で及ばなかった。

関連記事
あわせて読みたい