松崎晃治小浜市長

 福井県小浜市の松崎晃治市長(57)は11日の市議会本会議で、来年8月4日に任期満了となる市長選に、3選を目指して出馬する意向を表明した。

 池尾正彦議員(誠友会)の一般質問に答えた。

 松崎市長は、北陸新幹線若狭(小浜)ルートについて「県議時代から政治課題として取り組んできた。実現へあと一歩のところまできている」と強調。「20年にわたり培った政治家としての経験や人脈を生かし、絶対に小浜ルート決定をつかみ取らなければならない」と意欲をみせた。

 現在、整備を進める「まちの駅」を含めた3駅を基盤にした観光まちづくりや、舞鶴若狭自動車道などを生かし、「交流人口を増やし、経済の活性化につなげなければならない」と述べた。

 松崎市長は鳴門教育大大学院修士課程修了。教職員を経て1995年に県議初当選。県議会議長などを歴任し、4期目途中の2008年に小浜市長に初当選した。2期目。

 同市長選は今のところ、ほかに表立った立候補の動きはない。

関連記事
あわせて読みたい