東浦みかんをPR販売する生産者=8日、福井県敦賀市役所

 福井県敦賀市の東浦みかん生産農家が8日、市役所でPR販売会を開いた。甘みとほどよい酸味を持つ特産のミカンを来庁者や職員らが買い求めた。

 東浦みかんは同市大比田、元比田で栽培され、主に観光ミカン園で直売している。

 この日はJA敦賀美方東浦みかん部会の生産者が約500キロを用意し、1袋300円(1・5キロ)と500円(2キロ)で販売。市役所に用事で訪れた市民らが販売場所の市民ホールに立ち寄り、次々と買っていた。生産者の下野千代子さん(82)=元比田=は「味が濃くてちょっと酸っぱいのが特徴。市外から買いに来る人も多い」とPRしていた。

 今年の観光ミカン園は11月末で終了しており、今後は同市三島町2丁目のJA直売所などで買うことができる。

関連記事
あわせて読みたい