柴田勝家役の魔裟斗さん

 来春に福井県福井市で開かれる第31回ふくい春まつりの実行委員会は2日、同市の福井商工会議所ビルで初会合を開き、事業概要を決めた。開催期間は4月1〜30日。観光効果を高めるためターゲットを明確化し、石川県金沢市と長野県長野市、台湾・台北市から若い女性の誘客に力を入れたイベント展開を目指す。9日のメーン行事「越前時代行列」は、お市の方役に歌手・女優の真琴つばささん(51)、柴田勝家役に格闘技のKー1元世界王者の魔裟斗さん(36)が決まった。

 まつりの目的としている観光振興を図るため、市内観光客で割合の低い20〜40代女性の誘客を強化する。北陸新幹線開業で注目を集める金沢市、観光誘客の都市協定を結ぶ長野市、7月に東村新一市長がトップセールスで訪問した台北市に対し情報発信する。

 通称浜町の市グリフィス記念館でのマルシェ開催、市内飲食店のクーポン券発行など女性を意識した企画を準備。「美」を統一テーマにまちを活性化する「美のまちプロジェクト」とも連携する。

 真琴さんは元宝塚歌劇団月組トップスター。舞台でも発揮している高い演技力で、戦国一の美女とうたわれたお市にふんする。魔裟斗さんは、日本人初の「K−1 WORLD MAX」世界王者で、乱世を生きた勝家をたくましく演じる。

 時代行列ではこのほか、由利公正を主人公にしたNHK大河ドラマ誘致活動に合わせ、幕末〜明治の偉人にスポットを当てた「福井幕末維新隊」を新設する。一般参加を募り、宿泊とセットにしたツアー化も検討する。

関連記事
あわせて読みたい