北陸電力は1日、地球温暖化対策税(環境税)の税率が2016年4月に引き上げられるのに伴い、同年6月から使用電力量1キロワット時当たり4銭を電気料金に上乗せすると発表した。一般家庭のモデルケースで、月12円のアップとなる。

 住宅用など低圧供給顧客向けの約款について同日、経済産業省に変更を届け出た。届け出が不要な高圧・特別高圧供給と合わせて値上げする。

 環境税は12年10月に導入され、石油や石炭などの化石燃料に対し、二酸化炭素排出量に応じて課税。来年4月には最後となる3段階目の税率引き上げが実施される。北陸電は13年7月以降、段階的に料金に転嫁している。

関連記事
あわせて読みたい