福井オリジナルの「ご当地婚姻届」

 結婚を考える全国のカップルに福井の魅力をアピールし、誘客や定住につなげようと、福井県はオリジナルの「ご当地婚姻届」を作成し、ネット配信を始めた。デザインは恐竜や越前がに、気比神宮(敦賀市)、越山若水をイメージした。県内外の市町村に提出でき、福井県立恐竜博物館(勝山市)を訪れたカップルには、観覧料が無料になる年間パスポートをプレゼントする。

 ご当地婚姻届は、全国各地の自治体がリクルートマーケティングパートナーズと連携して作成している。県女性活躍推進課によると、福井は都道府県では11番目。

 リクルートの「ご当地婚姻届」のサイトにアクセスし、アンケートに回答すると、窓口提出用と記念用の2枚セットをダウンロードできる。

 婚姻届を提出したカップルは、県立恐竜博物館を訪れて記念用の婚姻届(原本)と、運転免許証か健康保険証、1年以内に結婚したことが分かる婚姻届受理証明書などを提示すれば、その日から使える年間パスポートとオリジナルの3Dポストカード2枚がもらえる。

 さらに県施設の▽歴史博物館▽美術館▽若狭歴史博物館▽一乗谷朝倉氏遺跡資料館—で、この年間パスポートを提示すると、常設展の観覧料が免除される。年間パスポートの有効期間は、婚姻日または挙式日から1年間。

 県女性活躍推進課の藤丸伸和課長は「特典を用意したので、結婚の記念にぜひ活用していただきたい。県外のカップルには、福井の良さを体感していただき、定住を考えるきっかけになれば」と期待している。

関連記事
あわせて読みたい