バドミントンのグランプリゴールド、マカオ・オープンは28日、各種目の準決勝を行い、女子シングルスの山口茜(福井県勝山高3年、世界ランキング10位)は、シンデュ・P.V(インド・同12位)に1—2で敗れ、決勝進出はならなかった。

 2013年のヨネックス・オープン・ジャパンで勝って以来の対戦。山口は第1ゲーム、3—5から12連取を許し、立て直す間もなく8—21で先取された。

 第2ゲームは前半こそ追い掛ける展開を強いられたが、中盤に追い付くと14—15から7連取。タイに持ち込んだ。

 しかし最終ゲームは、再び5—14と劣勢を強いられた。後半に3連取、4連取で一時3点差に迫る粘りをみせたが、21—16で逃げ切られた。

関連記事
あわせて読みたい