岩場で舞い上がる波の花=27日、福井県福井市鮎川町

 岩場に打ち寄せる波が泡立つ冬の風物詩「波の花」が27日、福井県福井市鮎川町の越前海岸で見られた。一帯は白い泡で埋まり、強い風にあおられると、ふわふわと車道まで運ばれた。

 波の花は、波が砕けるときに出る気泡が集まり、白い花のようになる現象。海が荒れ、気温の低い日に確認できる。今冬初めて見たという地元の50代女性は「冬将軍の到来を感じる」と話していた。

関連記事
あわせて読みたい