山口茜

 バドミントンのグランプリゴールド、マカオ・オープンは27日、各種目の準々決勝を行い、女子シングルスの山口茜(福井県立勝山高3年、世界ランキング10位)は、佐藤冴香(ヨネックス、同19位)に2−1と接戦をものにして4強入りを決めた。

 山口は第1ゲーム、序盤に4連取するなど着実に得点。16−13からは5連取を奪い、21−13で先取した。しかし、第2ゲームは立ち上がり6連取を許して追う展開になり、13−21で落とした。

 最終ゲームは互いに1点ずつを取り合う接戦に。山口は15−19から5連取で一気に逆転。20−21とされたが、ここから3連取し、23−21で競り勝った。

 準決勝は28日、世界ランク12位のシンデュ・P.V(インド)と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい