サウルコス福井の佐野達監督=2013年

 サッカー北信越リーグ1部のサウルコス福井は27日、佐野達監督(52)が契約期間終了のため、今季限りで退任すると発表した。後任は未定。

 佐野監督は、日本フットボールリーグ(JFL)のV・ファーレン長崎の監督時代にJ2昇格に導いた実績などを買われ、13年からサウルコス福井の監督兼GM(ゼネラルマネジャー)に就任した。今季は監督に専念。指揮を執った3年間はいずれも北信越リーグ1部を制覇し、JFL昇格を懸けた全国地域リーグ決勝大会に進出した。昨季と今季は同大会決勝ラウンドに進み、昇格まであと一歩だった。

 佐野監督は「JFL昇格、将来のJリーグ参入のために福井に参りましたが、目標達成できず申し訳ありませんでした」「サウルコス福井で仕事ができたことを大変うれしく思っていると同時に、皆さまから温かいサポートを頂いたことに心から感謝申し上げます」などとコメントした。

 ■さの・とおる 1963年、静岡市生まれ。静岡商業高、法政大卒。日産自動車のセンターバックとして黄金期を支え、日本代表にも選ばれた。92年に引退後は京都パープルサンガなどのコーチを歴任。2009年にはJ2ザスパ草津の監督を務めた。10年にV・ファーレン長崎監督に就任、12年にJFL初優勝、翌年からのJ2昇格に導きJFL最優秀監督に選ばれた。13年からサウルコス福井GM兼監督。15年は監督専任。

関連記事
あわせて読みたい