華麗な技を披露するサーファー=22日、福井県坂井市の三国サンセットビーチ

 サーフィン大会「ブルー&ナンシーカップ」が22日、福井県坂井市三国町の三国サンセットビーチで開かれた。サーファーたちは波をつかまえて華麗な技を披露し、「三国の波」を堪能した。

 地元のサーフショップが毎年開いており28回目。県内外からアマチュアサーファー約100人が出場した。サーフボードの種類別やレベル別など8クラスに分かれて、技の正確さや波の選び方などを競った。

 選手たちは時折白波の立つ沖にこぎ出し、制限時間12〜15分の間に何度も波に挑んだ。波の高さは約1メートルと絶好のコンディションよりは低かったものの、波の斜面を軽快に滑走したり、巧みにターンを決めたりして、砂浜の観客を沸かせていた。

関連記事
あわせて読みたい