12月13日に閉店するマクドナルド福井駅前店=19日、福井市中央1丁目

 大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」の福井県内1号店の福井駅前店(福井市中央1丁目)が、30年近い営業を経て12月13日で閉店することになった。同店は1971年に東京・銀座に国内1号店を出店した日本マクドナルドが、本県浸透を進めていくための象徴的な存在だった。

 同店は86年2月25日、JR福井駅前の電車通り沿いにオープン。有名チェーンのハンバーガーを味わおうと、開店当初は多くの客が行列をつくる盛況ぶりだった。

 19日昼に食事に来ていた福井市内の男性(45)は「開店当時は中学3年生で、珍しくて家族で食べに来た。思い出の店がなくなるのは寂しい」と話していた。

 日本マクドナルドPR部(東京)は福井新聞の取材に「個別の店舗の閉店理由は公表していない」と説明している。

 マクドナルドは現在、県内では福井駅前店を含め、21店舗を展開。同店が入っているビルの管理会社によると、次の入居業者は現段階では決まっていないという。

関連記事
あわせて読みたい