山口茜

 バドミントンのスーパーシリーズ・香港オープンは19日、九龍市で各種目2回戦を行い、山口茜(福井・勝山高3年、世界ランキング10位)は世界ランク1位のカロリーナ・マリーン(スペイン)と初対戦。19—21、8—21のストレートで敗れ、昨年大会に続いての8強入りはならなかった。

 第1ゲーム序盤は点の取り合い。一時は最大4点差をつけられたが、中盤まで13—13と互角の戦いを繰り広げた。その後は3連取されるなど先行され、19—20と必死で追い上げたが及ばなかった。

 第2ゲームは序盤から徐々にリードを広げられた。7—13からは7連取され、一気に勝負を決められた。

 世界ランク9位の奥原希望(日本ユニシス)は台湾の選手を下し、8強入りした。

関連記事
あわせて読みたい