引退試合後の会見で記者の質問に答える天龍さん

 試合を終えた福井県勝山市出身のプロレスラー、天龍=本名・嶋田源一郎さん(65)=は落ち着いた様子で記者会見に臨んだ。最後の舞台に選んだ両国国技館は、中学3年生のときに初土俵を踏んだ思い出の地。試合前に「レスラー冥利(みょうり)に尽きる」と語ったこの場所に、1万人を超える大観衆が集まった。「こんなにも大勢の人が来てくれて感謝している。ありがとうの一言だけです」と感無量の様子だった。数々の名勝負を繰り広げたが「今となってはすべての試合がいい思い出」ときっぱり。

 今後については「今は何も考えられない」と明言しなかった。また「生まれ故郷の福井のことは決して忘れない」と古里への思いも口にした。

関連記事
あわせて読みたい