若狭―若狭東 前半18分、若狭の村宮拓郎(右)がトライを決め5―3とする=8日、福井県小浜市総合運動場

 ラグビーの第95回全国高校大会福井県予選会は8日、小浜市総合運動場で決勝を行い、若狭が17—8で若狭東を下し、2年ぶり10度目の優勝を果たした。若狭は12月27日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。

 ▽決勝
 若狭 17(5−3/12−5)8 若狭東

 若狭は立ち上がり、若狭東のHB江口航平にPGを決められ先取点を許した。若狭は前半18分、ゴール前のラックからFW村宮拓郎が右サイドに飛び込み逆転トライ。5—3で折り返した。

 後半に入ると若狭ペースで試合が進む。敵陣深くでの素早いパス回しでリズムを作ると、14分にTB矢野義斗がディフェンスを振り切りトライ。HB石橋大樹がキックを決めて12—3とした。若狭東は22分、中央の密集を抜け出すとTB宮下拓未が左サイドを突破しトライ。反撃ムードが高まったが、若狭が再びトライを決めて、突き放した。

関連記事
あわせて読みたい