手の形をしたダイコン

 福井県大野市の農業田中孫兵衞さん(82)が手の形をしたダイコンを収穫した。「これまで50年近く栽培しているが、こんなにリアルなのは初めて」と驚いている。

 水田の裏作で育てたというダイコンは長さ30センチ、太さ12センチほど。白い“指”はしっかり5本そろって、手を広げたように見える。「地中に硬い異物があったため先が分かれたのだろう」と想像する。

 「うちのダイコンは柔らかく甘みがあって評判がいい」。味には自信を持っているが、食べるかどうか迷っているという。「まずは記念として農産品評会に出し、みんなの反応を見たい」と笑顔で話していた。

関連記事
あわせて読みたい