新曲「奥の細道」をPRする渥美二郎さん=10月27日、福井新聞社

 演歌歌手の渥美二郎さん(63)がこのほど、福井新聞社を訪れ、新曲「奥の細道」をPRした。松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の途中に詠んだ句を歌詞にそのまま取り入れ、芭蕉の世界観を壮大に歌い上げている。

 奥の細道の出発地点である東京都千住出身。命懸けの旅で句を詠み続けた姿にひかれ、モチーフにしたという。芭蕉は敦賀で「名月や北国日和定なき」と詠むなど本県とのゆかりも深く、「地元の歌という感覚で覚えていただければ。奥深く味わいのある曲に仕上がった。命のはかなさなど芭蕉の思いを感じてほしい」と話している。1300円(税込み)。

 渥美さんは今年、歌手デビュー40周年を迎えた。デビュー前の演歌師(流しの歌手)時代のレパートリーや楽器演奏を取り入れた公演を各地で開いている。

関連記事
あわせて読みたい