「舞妓さん変身体験」なども行われた小京都物産五番まつり=31日、福井県大野市の五番商店街

 第25回越前大野小京都物産五番まつりが31日、福井県大野市の五番商店街で始まった。同市や高知県安芸市などの「小京都」をはじめ全国12市から29店が出店した。「舞妓(まいこ)さん変身体験」もあり、大勢の人でにぎわった。1日まで。

 ジャコが入ったコロッケ(安芸市)、丹波黒豆(京都市)、飛騨牛の串焼き(岐阜県高山市)のほか五平餅、ささ団子、だし昆布などが販売された。大野市の店は上庄さといも、焼きサバずしといった名産品を並べた。おろしそばの実演販売もあった。

 プロに着付けや化粧をしてもらって、あでやかな舞妓や芸妓(げいぎ)に変身した女性が登場すると、一緒に写真を撮る人の姿が見られた。高校生らが作った市内の店舗をPRするポスター展も人気を集めていた。

 1日は午前8時〜午後4時。福井市のヨサコイチームによるパフォーマンス(午前10時と午後1時)も予定されている。

関連記事
あわせて読みたい