広島のドラフト5位、福井県敦賀市の敦賀気比高出身で王子の西川龍馬内野手(20)は27日、愛知県春日井市で、白武佳久スカウト部長らから指名あいさつを受けた。西川は「やっと実感が湧いてきた」と声を弾ませた。

 西川は「(スカウトから)1軍で出場するチャンスがあると言われたことが一番印象に残った」と振り返り、「指名してもらった以上、しっかりチームに貢献できる選手になりたい。走攻守で積極的なプレーを見てほしい」と意気込んだ。

 チームは今季の日程が終わり、オフに入っている。「まずは体を休めて、11月末から始まる練習でしっかり体を動かして準備したい」と熱く語った。

関連記事
あわせて読みたい