真田裕貴選手

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは26日、福島ホープスから元巨人の真田裕貴投手兼任コーチ(31)が入団すると発表した。福井でも投手兼任コーチを務める。

 大阪生まれの真田は、2001年に姫路工高からドラフト1位で巨人に入団。08年に横浜(現DeNA)に移籍し、12年に巨人へ復帰した。13年は台湾・兄弟で中継ぎ投手として台湾プロ野球新記録の32ホールドをマーク。14年はヤクルトでプレーした。日本野球機構(NPB)での通算成績は312試合24勝28敗3セーブ。

 15年は福島で投手コーチをしながらリリーフとして23試合に登板。2勝0敗、防御率0・86の好成績を残し、東地区後期優勝に貢献した。181センチ、89キロ。右投げ右打ち。

関連記事
あわせて読みたい