第60回国民体育大会「晴れの国おかやま国体」秋季大会は二十六日、岡山県各地で行われた。本県勢はテニス成年女子が準優勝し、少年女子の3位を含め県勢初の競技別皇后杯を獲得した。ハンドボール少年男子の北陸高は2年ぶり2度目の準優勝。体操少年女子団体総合は3位入賞を果たした。

 テニス成年女子決勝は仁愛女高出身の山形生夏(筑波大)と吉田沙織(早稲田大)が初優勝を狙ったが0—2で敗れた。ハンドボール少年男子北陸高は決勝で沖縄に惜しくも敗退。体操少年女子は、ほぼ完ぺきな演技で予選6位から順位を三つ上げ表彰台をつかんだ。

関連記事
あわせて読みたい