センスのある打撃が光る西川龍馬

 敦賀気比高(福井県敦賀市)時代は不動の3番遊撃。けがを乗り越え、慣れ親しんだ定位置をつかんだ社会人3年目に輝きを放った。プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)で、広島から5位指名を受けた西川龍馬(王子)は「目標は(今季で引退した)東出さん。いつか追い越せるように頑張りたい」と尊敬する母校の先輩の名を挙げ、意気込んだ。

 寮の部屋でドラフトの動向をチェック。4巡目までに指名がなく、あきらめかけて食事に向かったとき、友人からの連絡で吉報を知った。会社で急きょ報道陣に囲まれ「信じられない。実感が湧かない」と連発した。

 走攻守のバランスと野球センスは気比高時代から際立っていた。1年夏にスタメン入りし、秋からは3番遊撃に定着。主将に抜てきされた2年秋には、就任間もない東哲平監督の下で北信越大会を制し、センバツ出場した。

 だが憧れの甲子園は初戦敗退。最後の夏は県大会準決勝の福井工大福井戦で、4点を追う最終回に先頭で三振に倒れた。「振り返ると悔しい記憶ばかり」と西川。この経験が「極度の負けず嫌い」な性格を形成した。

 王子1年目の足首骨折を乗り越えて力を蓄え、3年目の今季3番遊撃の定位置を与えられた。センバツ優勝した後輩の頑張りにも触発され、フォーム修正に取り組んだ。春先から低い打球をセンターに打ち返す練習を繰り返し覚醒した。

 「やるからには1億円プレーヤーを目指す」とプロ根性も十分。不屈の気比魂を胸に球界を生き抜く覚悟だ。

■今後の成長楽しみ 敦賀気比高の東哲平監督

 敦賀気比高の東哲平監督は「(西川の)中学生のときのプレーを初めてみて、間違いなくすごい選手になると感じた。社会人に進んでも結果を残し、プロという夢がかなってよかった」と感慨深げ。「走攻守そろっているが、プロでは何か一つずば抜けた力を身につけてほしい。これからどうなるか楽しみ」と成長を期待した。

関連記事
あわせて読みたい