「勝負パンツでプロポーズ大作戦」をPRするジュエリー土屋の土屋社長(右)とラーナニーニャの宮田店長

 「勝負パンツ」をはいて婚約指輪を贈ろう—。会員制宝石店のジュエリー土屋(本社福井市大手3丁目、土屋道照社長)は同市内のボクサーパンツ専門店と連携し、婚約指輪の購入者にパンツを贈呈するユニークなPRキャンペーンを展開している。同社は「婚約指輪を贈る男性が減少する風潮に、一石を投じたい」と話している。

 「勝負パンツでプロポーズ大作戦」と銘打ち、ボクサーパンツ専門店のラーナニーニャ(福井市中央1丁目、宮田由紀恵店長)とコラボ。ジュエリー土屋で婚約指輪を購入した人に漏れなく、5千円前後のボクサーパンツを贈呈する。

 キャンペーンのポスターを婚活イベントの会場や賛同する飲食店内に張り出すなどして「婚約指輪は一生かけて彼女を守り抜く誓い」「人生最高のパンツで人生最大の勝負に出よう」などと訴えている。

 土屋社長は「男女の出会いの場で、消極的な“草食系男子”は福井でも少なくない。婚約相手やその家族に覚悟と感謝を示し、けじめをつけられる男性が増えるキャンペーンにしていきたい」と意気込んでいる。

 詳細は同社のホームページ(http://www.jewelry−tsuchiya.com/)で。

関連記事
あわせて読みたい