第133回(秋季)北信越地区高校野球大会第2日は11日、富山県内2球場で準々決勝を行った。魚津桃山運動公園野球場の第2試合は、日本文理(新潟1位)が5−4と佐久長聖(長野2位)をリードした七回表の途中で試合を中断。午後4時15分までに雨のためノーゲームとなった。再試合は12日午前10時から、富山市民球場で行われる。この試合の勝者が決勝進出を懸けて敦賀気比(福井1位)と対戦する。

 富山市民球場の福井商業と長野商業の試合は、四回表を終え雨のため中断。試合は約1時間後に再開し五回裏の途中まで試合を進めたが、天候悪化で再び中断、約50分後に試合を再開した。福井商業は4−7で長野商業に敗れた。

関連記事
あわせて読みたい