来春の選抜高校野球大会出場の重要な参考資料となる第133回(秋季)北信越地区高校野球大会第1日は10日、富山県内3球場で1回戦8試合を行い、富山県営野球場第1試合は、福井工大福井(福井2位)が村上桜ケ丘(新潟2位)に9−5で勝ち、8強入りした。主砲北村進太郎の2ランホームランなど序盤で築いたリードを、エース田中嵐士が2ケタ安打を浴びながらも守り切った。

村上桜ケ丘
102 001 010…5
414 000 00X…9
福井工大福井

■村上桜ケ丘 山田、遠藤−江花、久志田
■福井工大福井 田中−島谷

▽本塁打 北村(福井工大福井)

 1点を先制された福井工大福井は1回二死一、二塁で浅里太輝の中前適時打ですかさず同点。なお満塁と攻めると、2つの押し出し四球と田中のタイムリーヒットで計4点を挙げた。5−3で迎えた3回は谷本甲仁の左前適時打で加点。福田翔人が右中間を破る適時三塁打で続くと、北村も左翼席に飛び込む2点本塁打を放ってリードを広げた。

 先発のエース田中は村上桜ケ丘打線に7回以外は毎回走者を許したが、粘り強く投げて完投を果たした。

 村上桜ケ丘は先発投手が誤算。制球が定まらず、甘い球を福井工大福井打線に痛打された。

関連記事
あわせて読みたい