第3次安倍改造内閣の顔触れ

 安倍晋三首相(61)は7日、第3次安倍改造内閣の陣容を決め、菅義偉官房長官(66)が閣僚名簿を発表した。新設の「1億総活躍担当相」に加藤勝信官房副長官(59)を起用。農相に森山裕・自民党環太平洋連携協定(TPP)対策委員長(70)、行政改革担当相に河野太郎・自民党行革推進本部長(52)を充てた。19閣僚のうち10人が交代し、初入閣は9人。女性閣僚は1人減って3人となった。

 河野氏は国家公安委員長と防災担当相、加藤氏は拉致問題、女性活躍の担当相を兼務する。文部科学相には馳浩・元文科副大臣(54)を充てた。石破茂地方創生担当相(58)は留任した。夕方の皇居での認証式を経て、正式発足する。

 経済産業相の林幹雄衆院議院運営委員長(68)は再入閣。法相に岩城光英・党参院副会長(65)、復興相に高木毅・元国土交通副大臣(59)=福井2区=を登用した。国交相には、公明党から石井啓一政調会長(57)が就任する。

 女性閣僚では高市早苗総務相(54)が続投、環境相に丸川珠代参院厚生労働委員長(44)、沖縄北方担当相に島尻安伊子参院環境委員長(50)が就く。

 留任は菅、石破、高市氏のほか、麻生太郎副総理兼財務相(75)と岸田文雄外相(58)、甘利明経済再生担当相(66)、塩崎恭久厚生労働相(64)、中谷元・防衛相(57)、遠藤利明五輪相(65)。

関連記事
あわせて読みたい