個性豊かな短編映画を鑑賞する来場者=4日、福井県あわら市の長谷川旅館

 福井県内外の愛好家団体の自主制作映画を上映する映画祭「あわら湯けむり芸術祭」が4日開幕、福井県あわら市内の温泉旅館6カ所で上映が始まった。ラブストーリーやコメディー、ヒューマンドラマなど個性豊かな短編映画が訪れた人を楽しませている。11日まで。

 8月から開かれているあわら温泉開湯130周年祭のメーンイベントの一つ。市民有志でつくる実行委が主催した。▽長谷川旅館▽べにや▽まつや千千▽美松▽清風荘▽あわらグランドホテル−の6カ所で、9日までの各日午前11時〜午後8時、公募で集まった18作品を毎日上映する。

 長谷川旅館ではこの日、9作品が上映された。来場者はじっくり作品を鑑賞し、途中で笑いが起きる場面もあった。

 10日は温泉旅館「グランディア芳泉」で9日までの来場者による一般投票で選ばれた上位5、6作品を上映し最終審査を行う。11日は同旅館で表彰式などを行う。

 入場には会場や市内の観光案内所で販売しているチケット(500円)が必要。チケットの半券は、2会場で鑑賞すると市内30カ所で500円程度の割引などを受けられるクーポンになる。問い合わせは実行委(市観光協会内)=電話0776(78)6767。

関連記事
あわせて読みたい