印象に残った記事について意見を発表する生徒=19日、福井県越前町越前中

 新聞を活用したNIE学習に取り組む福井県越前町越前中は19日、東京五輪や高校野球など関心を持った記事について感想や意見を発表した。クラスの代表生徒5人が堂々と意見を述べた。

 同校はNIE実践校に指定されており、毎週1回、記事をコピーした紙を配り生徒が感想や意見を書いている。ホームルームでは生徒が選んだ記事の要約や意見を披露し、他の生徒が質問や感想を話している。

 文化祭プログラムの一つとして発表した。代表5人が最近のニュースについて全校生徒の前でスピーチした。

 石井愛美さん(2年)は東京五輪エンブレムの撤回問題を選んだ。新国立競技場に続き白紙に戻ったことについて「競技場を建設する上での安全性や、どこにもないデザインなど、当たり前のことを踏まえた上で決めてほしい」と述べた。

関連記事
あわせて読みたい