肌をきれいに見せるプロのメーク術を学んだ講座=26日、福井新聞社・風の森ホール

 福井県内の活動的な女性を応援する会員制サロン「福井新聞Ladies倶楽部&(あんど)」のスペシャル1日体験講座「合田和人のメイクアップレッスン」が26日、福井新聞社・風の森ホールで開かれた。参加者は、肌をきれいに見せることで第一印象を激変させるプロのメーク術に見入っていた。

 女優のヘアメーキャップや化粧品の商品開発など、アジアを中心に幅広く活躍している合田和人さん(45)=東京都=が講師を務めた。会員約120人が参加。合田さんは▽透明感▽血色▽コンプレックスの軽減—の三つに重点を置き、モデルに実践しながらこつを伝授した。

 合田さんは「変身するようなメークは長続きしない。補正をするようにナチュラルなメークを心掛けて」とアドバイス。部分的に気を付けるだけで顔全体の印象が変わることを力説し、「目の周りと頬骨の高い部分にコンシーラーを使って。指でトントンと軽く肌に乗せるだけで良い」と伝えた。

 希望した会員2人にもワンポイントメークを施した。合田さんは会員の1人に、目の下のくすみや眉の色を指摘。リキッドファンデーションを使ってくすみを軽減し、優しい印象に見えるように茶系の眉に仕上げた。会員は「少し変えただけなのに表情が明るく見える」と驚いていた。

関連記事
あわせて読みたい