弓道競技の最高峰、天皇盃第56回全日本男子選手権は二十四日から二十六日まで、三重県伊勢市の神宮弓道場で行われ、本県の細川孝夫教士六段(48)=今立町中印=が初優勝を果たした。本県勢の優勝は初。

 男子選手権には83選手が出場。細川は1次、2次選考を勝ち上がり決勝の15人に残った。決勝は6射6的中で、宮内道広(三重)と並んだが、順位決定の競射を行い3射目で宮内が外し、快挙を成し遂げた。

関連記事
あわせて読みたい