プロ野球志望届を提出した敦賀気比高校出身の吉田正尚外野手

 全日本大学野球連盟は24日、敦賀気比高校(福井県)出身の吉田正尚外野手(青山学院大)が、プロ入りを希望する選手に義務付けた「プロ野球志望届」を提出したと公表した。

 吉田正尚は7月のユニバーシアード大会で金メダルを獲得した大学全日本の左の主砲。U—18高校代表との壮行試合では2打席連続本塁打を放った。

 福井市麻生津小学校、足羽中学校を経て、敦賀気比高校では1年春から4番を務め、高校通算52本塁打をマーク。2度甲子園に出場した。東都大学リーグでは通算12本塁打、ベストナインに4度輝いた。

 プロ志望届提出により、10月22日のプロ野球ドラフト会議の指名対象となった。

関連記事
あわせて読みたい