バドミントンの韓国オープンで8強入りした山口茜(勝山高校3年)

 バドミントンのスーパーシリーズ・韓国オープンは17日、本戦2回戦を行い、女子シングルスに出場している福井県の山口茜(勝山高校3年)は、2回戦で世界ランク13位のミシェル・リー(カナダ)と対戦。1回戦に続くストレート勝ちで8強入りを決めた。

 山口は16日の1回戦で韓国選手に2−0でストレート勝ちし、16強入りを決めていた。

 山口は第1ゲーム、12−15とリードを許したものの5連取で逆転。粘る相手に19−19と追いつかれたが、2連取で振り切った。第2ゲームは序盤の一進一退の攻防から6連取で9−3と突き放した。一時、相手の反撃を許し2点差まで追い詰められたが、危なげない試合運びで試合を決めた。

 山口は次戦、準々決勝で高橋沙也加(日本ユニシス)と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい