第135回北信越地区高校野球福井県大会1回戦・敦賀―羽水 9回表、敦賀3番景山の左前適時打で2者生還=12日、福井県福井市の福井フェニックススタジアム

 第135回北信越地区高校野球福井県大会第2日は12日、福井市のフェニックススタジアムと敦賀市総合運動公園野球場で行われ、フェニックススタジアム第1試合は敦賀が5—3で羽水を破り、2回戦進出を決めた

敦賀
001 000 004…5
300 000 000…3
羽水

■敦賀 岡本、浅野—大村
■羽水 橋本、高島—藤田

 敦賀は2点リードされて迎えた九回、3四死球で満塁の好機に1番細川生羽が右前適時打を放って1点を返した。続く2番深山航はスクイズを決め同点。3番景山徳馬の左前適時打で2人が生還し逆転した。

 敦賀先発の岡本悠哉は立ち上がり制球が乱れ、二死を取ってマウンドを二番手の浅野嵐吏に譲った。浅野は再三ピンチを招いたが粘り強く投げ8回を失点ゼロに抑えた。九回は三者連続三振に打ち取り締めくくった。

 羽水は初回、3番徳力耕平が内野安打で出塁すると続く4番山本貴大が左翼線に適時二塁打を放って先制した。さらに4つの四死球で2点を追加した。二回、六回には満塁の好機を作ったが敦賀浅野嵐吏の前にあと一本が出なかった。

関連記事
あわせて読みたい