米国戦の6回、四球を選び出塁した篠原(中央)=甲子園

 野球のU—18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)最終日は6日、甲子園球場などで行われ、日本は決勝で米国に1—2で敗れ、初優勝はならなかった。米国は3連覇で8度目の優勝を飾った。

 敦賀気比の篠原涼は、高校トップクラスの選手を先頭に立って引っ張り、誰よりも声をからした。初優勝にはあと1歩届かなかったが、最後まで主将としての仕事を全うした。

 米国との決勝。反撃の突破口を開いたのも主将だ。1点を返した六回。先頭で打席が回ってきた。高めの変化球を冷静に見送り、好投を続けるプラットからこの日初めての四球を奪った。三進後は、暴投で迷わず本塁へ突っ込んだ。結果はアウトに終わったが、1点をもぎ取ろうとする執念が仲間のバットに火を付けた。

 プレー以外でも奔走した。「気持ちを一つにすることが大事」。練習では積極的に選手とコミュニケーションを取り結束を強めた。唯一、1年生で代表入りした清宮(早稲田実)には「3年生みんなで声をかけてサポートしていきたい」と気遣いも忘れない。

 チームが勝つためには、課題も迷いなく伝えた。大学日本代表との壮行試合後には「チャンスで声が出ていない。これではチームも打席に立っている選手も勢いに乗れない」と険しい表情で語り、翌日のミーティングで選手に呼び掛けた。「つまらないくらい本当にまじめ」(敦賀気比のチームメート)な性格と統率力で、日本代表を短期間で確かな「チーム」にした。

 敦賀気比時代から続いた長い主将生活が終わった。高校卒業後は、大学に進学して野球を続けるつもりだ。「これからの野球界を背負っていく人材になってほしい」(西谷監督)。一回りも、二回りも成長した姿を、きっとまたグラウンドでみせてくれるはずだ。

関連記事
あわせて読みたい