サッカーの第51回全国社会人選手権(10月17〜21日・岩手)の組み合わせが、2日までに決まった。北信越代表のサウルコス福井は、1回戦でFC今治(愛媛)と対戦する。

 サウルコスは、8月の北信越大会の決勝戦で、FC北陸(石川)を1—0で破り、第1代表の座をものにした。全国大会への出場は、5年連続6度目。

 FC今治は、四国リーグに所属し現在2位。四国大会で、リーグトップの高知UトラスターFCを3—1で破り、出場権を得た。サッカー元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めている。

 試合は10月17日午前11時から、遠野市国体記念公園市民サッカー場で行われる。

 大会には、全国9地域の32チームが出場し、トーナメントで頂点を競う。成績上位の3チームは、全国地域リーグ決勝大会(11月・四国、九州4県)への出場権を得る。

関連記事
あわせて読みたい