北陸デスティネーションキャンペーンの成功に向けて、ラプトら、ご当地キャラと気勢を上げる関係者=25日、金沢市内

 10月から北陸3県を舞台に展開される観光企画「北陸デスティネーションキャンペーン(DC)」の3県共同会見が25日、金沢市内のホテルで行われ、関連催事などが発表された。初日の10月1日に、今春に引退した豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」が福井駅にお目見えするほか、11月には北陸3県食の祭典が、福井市で開催され、秋の北陸の魅力を全国にアピールする一大キャンペーンとなっている。

 各県と各県観光連盟、JR6社などが手を組んだキャンペーンで、北陸新幹線開業から半年に合わせ、初めて北陸3県で展開する。キャッチフレーズは「日本の美は、北陸にあり。」。北陸の魅力である伝統工芸やおもてなしの心を、「美観」「美食」「美技」「美湯」「美心」という五つの美で表現、北陸の自然、歴史、名所などを組み合わせた旅行パックやフリー切符、PRイベント催事と多彩な内容で展開する。期間は10月1日〜12月31日。

 会見には、福井県の佐々木康男・観光営業部長ら北陸3県の観光関係者が出席。石川県の谷本正憲知事は「春からの開業効果が一段落しそうなこの秋に、一大キャンペーンを打って観光なら北陸へを全国にアピールしたい」と語った。

 同キャンペーンを網羅したガイドブックは9月初旬から、県内の主要駅で無料で配布される。

 福井に関連する主な催事は次の通り。

 【イベント】

 ▽オープニングイベント(10月3、4日 金沢城公園二の丸広場)北陸3県の祭りや、伝統芸能ステージ、食のブース。勝山左義長が出演。

 ▽大永平寺展(10月2日〜11月8日、県立美術館)

 ▽北陸3県食の祭典(11月21、22日、福井県産業会館) 「ふくい新そばまつり」と同時開催。

 ▽福丼(ふくどん)カップ(12月12日、13日、敦賀市きらめきみなと館)

 ▽あわら温泉開湯130周年祭(10月〜12月) 湯けむり芸術祭(10月4日〜11日)、あわら灯源郷(12月12、13日)など12月13日まで毎週末。

 【JR特別企画】

 ▽トワイライトエクスプレス車両で行く福井の旅(10月1、2日日)大阪発福井行きあわら温泉泊の1泊2日の旅。帰りは芦原温泉発で敦賀駅にも停車。日本旅行が8月28日に発売(申し込みは大阪予約センター=電話0570—666155)

 ▽小浜線ラッピング列車(10月11日以降)若狭路2市4町のご当地キャラをデザインした列車が敦賀—西舞鶴間を走る。

関連記事
あわせて読みたい