24日午後9時半ごろ、大阪市鶴見区放出東の交差点で、右折しようとした乗用車と直進のバイクが衝突、バイクの大学2年池田直之さん(19)が死亡した。鶴見署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で、乗用車のプロ野球福岡ソフトバンクホークスの元選手森本学(さとる)容疑者(37)を現行犯逮捕した。

 森本学容疑者は大阪桐蔭高から福井工業大学、シダックスを経て2003年にドラフト6位で当時の福岡ダイエーホークスに入団。内野手としてプレーし、2011年に現役を引退した。

 同署によると、「信号と対向車線を確認し、大丈夫だろうと思って右折したが、事故を起こしてしまった」と話しており、容疑を過失致死に切り替えて調べる。

 森本学容疑者は福井工業大学時代、3年のとき北陸大学野球春季リーグで2年ぶりの同大優勝に貢献。4年の秋季リーグでは5割2分9厘の成績で初の首位打者を獲得。遊撃手としてベストナインに選ばれるなどの活躍を見せた。

関連記事
あわせて読みたい