横断歩道を渡っていた児童の列に車が衝突した現場=6月11日午前8時35分ごろ、福井県福井市長本町

 6月11日朝に福井県福井市長本町の市道交差点(通称越前開発交差点)で、横断歩道を渡っていた集団登校中の小学生の列に乗用車が衝突した事故で、福井署は同日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同県永平寺町、無職竹原昭代容疑者(75)を現行犯逮捕した。同署によると、けがをしたのは6年生3人、4年生1人、2年生2人の児童計6人でいずれも軽傷のもよう。

 事故は午前7時35分ごろ発生。同署によると、集団登校していたのは児童19人で、横断歩道を青信号で渡る途中、竹原容疑者の乗用車が衝突した。

 目撃者によると、先頭の児童が横断歩道の中央付近に来たときに、乗用車が急ブレーキを掛けながら列にぶつかったらしい。転んだ児童もいたという。1人が救急車で病院に搬送された。

関連記事